鈴木さんちの球日記

撞球愚痴日記。基本的に常連読者さん向けの前提ありきのネタを書いているので、ご新規さん、一見さん向けではありません。技術論は間違いだらけなので信用しませんよう。コロナ禍で撞きに行けていないためネタが枯渇し、球ブログのくせに球ネタがほとんどないです。お許しを。。。

どうせ当たらないから

 

私、9ボールのブレイクを左サイドから撞く時はこういう感じのブリッジを組むんですけども

 

 

ブリッジの形状(指の曲げ方であったり、キューとの接し具合、傾きなど)は試行錯誤した記憶がありますが、組む位置に関しては初心者の頃から変わっていない気がします。

 

大昔ブログネタにした記憶があるのですが、なんて書いたっけかなぁ?もしかしたら微妙に位置は変えたかもしれませんが、たぶんほとんど変えていないはず。

 

写真のような位置に組むことにした理由は一切何もありません。初心者の頃に無意識に組んだのがこの位置だったってだけです。恐らく「1番ボールと手球との延長線上にブリッジを置く!」というのを意識した時に、初心者の私にはこの位置がイメージしやすかったんでしょう。

 

そして位置を変えていないのは「これが最良だから」と思っているからではなく、単に「初心者の頃からこの位置で撞き続けていて慣れているから」「いざ位置を意識し始めた頃には、慣れてしまっていて他の位置に組めなくなってしまっていた」というだけ。良し悪しではなく慣れ不慣れです。

 

で、これは大昔にもブログネタにした覚えがあるんですが

 

 

こういう位置にブリッジを組んだほうが良いんじゃないか?という気持ちが昔っからありました。

 

多くのブレイク巧者を観察すると、クッションエッジぎりぎりに組んでいる人が多い。

 

比較してみると





 

結構位置が違いますよね。



前者のようにレールの真ん中付近の高い所に組んでいるとキューが立ってしまいがちですし、レールやクッションの形状の影響も受けやすい気がする。

 

しかし、いざ「ギリギリに組んだ方が良いのでは?」という発想が浮かんだ頃には、自分なりのブリッジ位置に慣れてしまっていたのです。

 

自分なりの位置で全くまともなブレイクが出来ないのであれば「これ以上失うものはない」という状態ですから位置を調整してみようと思えたのでしょうが、自分なりの位置でもそこそこのブレイクは出来ていた。新しいことを試して失敗した時に失うものがあった。

 

そしてギリギリに組んで1〜2回撞いてみると、不慣れであるがゆえに全然当たらなかった。

 

  • 最良ではないかもしれないが、慣れていてそこそこの結果が出せる
  • 最良かもしれないが、不慣れがゆえに今すぐには結果が出せない

 

こういう二択だったもんだから、後者を選ぶに至らなかったのです。



時は流れて今。

 

あまりに長いこと平撞きブレイクの練習ばかりをやりすぎて、9ボールのブレイクが壊滅的です。レールブレイクなんぞ何も当たりません。

 

おかげで今は

 

  • 最良ではないかもしれず、当たらない
  • 最良かもしれないが、当たらない

 

こういう二択になったwww

 

こういう二択になったので、後者にチャレンジしてみようと思えたのです。失うものがなくなったというか、既に失っていたのでw



今これを書いている時点では、まだ2日しか試してみていません。撞いたブレイクの回数でいえば30回くらいでしょうか。

 

初日には「不慣れだけど、悪くはないな」という感想。2日目には「慣れれば良さそう」という感想に。レールブレイクなんて全くやる気が起きなかった昨今でしたが、「レールブレイクも楽しいぞ!」と思えるくらいにはなったので、ブリッジの位置効果は大きいかもしれない。



もしこのまんまいい感じに進展したとしたら、「失ってしまったからこそ踏ん切りがつき、新たな一歩を踏み出せた」ということになるわけでして、おかしな話であり、ありがちなことでもある気がします。

 

ビリヤードでも前例が浮かびますし、ビリヤード外でも色々と「半端に結果が伴ってしまっているから、改善に踏み出す気がおきない」という事例がチラホラあります。

 

  • 現状に満足は出来ていないが、そこそこの結果は出ている
  • 改善策を取り入れれば今すぐ結果が出るというわけでもなく、現状では「慣れ」の方が勝る
  • 改善策が最善であるという絶対の確証はない

 

こういった理由により、ベストを目指さずベターのまんまでダラダラっと続けてしまうこと、ありませんか??



って、何ヶ月か前に他人事として「そういうの駄目だよね」っていうネタを書いた気がします。他人事ならなんとでも言えるんですけどね。自分事となると、やはり腰が重いんですよねぇ。



  1. 慣れていて、そこそこの結果が出せる
  2. 不慣れだが、慣れれば絶対により良い結果が出せる

 

この二択であれば後者に踏み切ろうと思えますけど、実際には

 

  1. 慣れていて、そこそこの結果が出せる
  2. 慣れればもしかしたらいい結果が出せるかもしれないが、確証はない。そして現状は不慣れで全く結果が出せない

 

こういう二択。

 

今すぐには目に見えた結果は出ないし、歩を進めて成長出来るという絶対の確証もない。「成長できるかもしれない」という程度でしかない。

 

こうなるとどうしても慣れている方、慣れている方と選択しちゃうんですよね。。。。