鈴木さんちの球日記

撞球愚痴日記。基本的に常連読者さん向けの前提ありきのネタを書いているので、ご新規さん、一見さん向けではありません。技術論は間違いだらけなので信用しませんよう。コロナ禍で撞きに行けていないためネタが枯渇し、球ブログのくせに球ネタがほとんどないです。お許しを。。。

実力とは?

ブラック2本立て

 

 

1本目

 

度々言っておりますが、私が歴の中で言われたことがある嫌いなセリフの1つに「『調子が悪い』と思う時が実力ですよ」というものがあります。


つっこみポイントの1つ目。「『調子が悪い』と思う時“も”実力」ならまだ理解するんです。“が”はおかしいだろう、と。


某氏にこの話をしたら、某氏もやはりそういうセリフが嫌いらしく「そういうことを言うやつらはアベレージって言葉を知らない馬鹿なのかね」と中々の毒舌をw


つっこみポイントの2つ目は「他人に対して言う言葉ではない」であります。自分に言い聞かせる言葉ですよね、これは。


下手な球を撞いてしまって言い訳をしそうになる自分。そんな自分に対して「調子が悪い時だって実力の内なのだ!」と言い聞かせて戒める。そういうものでありましょう。他人に対して言う言葉ではない。他人に対して言って良いのは、それこそ師弟関係にある場合の師匠くらいのもんでしょう。


つっこみポイントの3つ目。自分自身に言い聞かせるにしても、公の場で口にして格好いいのは一流の選手だけ。


誰もが認めるような実力の持ち主が、調子が悪い時に「こういう時の自分も自分です」と言う。それで始めて「ストイックだな!」と言ってもらえる。


そこら辺のプレイヤーが言っても格好つけ発言にしかならんわけですよ。

 

今回のネタのキッカケになった出来事は先日ツイートした通りなんですけど、「調子の悪い時が実力ですよ」と言ってきた人に「私は調子の悪い時はBクラス並なんで、Bクラスを名乗って良いってことですかね」と返したら「何言ってんですかww」って笑われたことでした。


いや。「何言ってんだ」は私が言いたいセリフだよ。


「調子が悪い時が実力」「クラス分けは実力の指標」「私の調子が悪い時はBクラス相当の腕前」


ってことはBクラスってことでしょう??


あの手の人達は「実力」をなんだと思ってんだろ?

 

 


2本目


半年ほど前だったでしょうか。


トーナメントプレイヤーでしたら誰でも名前を知っているような、連盟の有名人(仮称Aさん)の話をしていたことがありました。


その時の私は「Aさんがこんなことを言っていた」という話をしていただけだったのですが、遠くで聞いていた人が何をどう聞き間違ったのか私がAさんの悪口を言っていると思ったらしく、「そんなこと言ってると消されるぞ!w」と言われたのです。


その時の私が思ったことはまず「こういう勘違いって怖いよなぁ」ってことでした。私は何も悪いことをしていないのに、勝手に「悪口を言っていた人」にされてしまう。さらにそんな噂を広められたら冤罪もいいとこですよね。


もう1つ思ったのが「消されるっていうけど、Aさんにそんな権力があるのか?」ってことでした。

 

また大昔、こんな出来事があったことをご存知の方、記憶している方いらっしゃいますでしょうか。


とあるブロガーさんが試合に出、対戦相手のプロに理不尽なクレームをつけられたそうです。その時の内容をプロの実名を出してブログに書いたところ、そのプロと親しいプロがわざわざそのブロガーさんのホームにまで出向いてきてブログの削除と謝罪をするよう恫喝した、という出来事があったそうです。


私はそのブロガーさんとは面識がなく、そのブロガーさんの記事でしか出来事の内容を知りません。なので「そのプロが悪い」と決めつける気はないです。何事も一方の意見からだけで判断するのはマズイものです。誰もが自己正当化しようとしますからね。


とはいえ、「あのプロならやりかねないなぁ」と思っちゃったりもして(;´∀`)


私がそのブロガーさんの記事を読んだきっかけも、何人かの人から「このブログ読んでみな」「こんなことがあったらしいよ」と聞かされたからだったのですが、その人たちの誰もが私と同じで「このブログ記事からだけで決めつける気はないけど、あのプロならやりかねない」という評価だったりして。日頃の行いよ。。。


それでですね。そのブロガーさんの記事によれば、プロに言われたのが「(記事を削除しないと)この業界にいられなくなるぞ」ということだったらしいんです。


私がネタにしたいのはそこなんですよ。


Aさんにしてもそのプロ達にしても、そこまでの権力あるの?


プロであったり球屋の経営者であったりの業界関係者だったとしたら、この業界でそこそこ権力のある人を敵に回したら仕事がしづらくなって大変なことになるのかもしれません。


しかし、そのブロガーさんにしても私にしてもただの一介のアマチュア。奪われるような資格がない。権力者たちが最大限の権力を行使しても、せいぜいが「公式戦に出られなくなる」くらいじゃないでしょうか。そんなん私にとっては痛くもかゆくも無いし。


今回のネタ。中々に際どいネタですから私はブログネタにしたくなかったんですけど、他人事だと思って「面白いじゃん」「載せようよ」と言ってくる人が何人もいました。その内の1人は「『業界にいられなくなるぞ』なんて言われたら『この世にいられなくしてやろうか』って言い返すわ」とか言ってましたよ。本当にやりかねない、、、


そういう暴力的なこととなったら直接の脅威だから避けたいですよ。死んでしまったら元も子もない。大怪我だってしたくない。


でもさすがに、そんな直接的な暴力をふるうほどの暴挙に出られることはないだろうし。権力を振るわれるっていうだけだったら、一介のアマチュアをどうこうするほどの権力を持った人なんて、この業界に誰もいなくね?


はいはい。際どいネタでしたね。


載せるのを避けてるだけで、この手のネタいっぱいあるんだよなぁ。