鈴木さんちの球日記

撞球愚痴日記。基本的に常連読者さん向けの前提ありきのネタを書いているので、ご新規さん、一見さん向けではありません。技術論は間違いだらけなので信用しませんよう。コロナ禍で撞きに行けていないためネタが枯渇し、球ブログのくせに球ネタがほとんどないです。お許しを。。。

反骨精神の限界

1本目

 

誰しも、ビリヤードライフにおいてラッキーだと思うこととアンラッキーだと思うことと、両方があるんじゃないでしょうか。


フロックを出した出されたとかいう「対戦中の太さ細さ」の話ではなくて、もうちょっと広い話ですw


たとえば少々前に「行きやすい店が、ブレイク練習をしづらい環境である」ってな話をしました。これはアンラッキー部門ですね。


最近2点ほど「自分はラッキーなんだな」と思ったことがありました。


1つはキューの盗難に関してです。


キューを盗まれたという話は度々耳にします。


また、「1人で練習しに行くと、キューを盗まれるのが怖くてトイレにも行けない」ってな人もいます。


盗まれないために、様々な工夫を凝らしているっていう意見も耳にしました。


私はといえば、盗まれたことは一度もありませんし、盗難の心配をしたことも一度もない。盗難事件なんてのが遠い国の出来事くらいにしか思っていないのです。


こういう油断をしているといつかやられてしまうんでしょうけど、でも、盗難の心配をしなくていい環境、危なっかしい客が来ないような店々で撞けているってのはラッキーなのかなーと思いました。


ラッキーなんだなと思ったこと、その2。ムカつく上級者に関してです。


しばしば申しております通り、私は「あの人がムカつくけど、私の方が下手だから何も言い返せない。あの人より上手くなって見返してやる!」という反骨精神でA級になりました。しかし、近年は全く「ムカつく上級者」というのに会っていなかった。


会う上級者会う上級者、個性はあれども「嫌な人」「悪い人」「ムカつく人」ではなかった。


しかし、ここ何か月かで初めて行く店や初めて行く試合、SNSなどにて「クソみたいな上級者がワンサカおるわ!!」って思わされて「日頃そういう人に会わずに済んでいる自分がラッキーなんだな」と思わされましてね。


まぁ、それが言いたかっただけですねw


球は上手いが人間性Z級って人、思ったよりたくさんいたわ。

 


2本目


(1本目のネタとは別の時期に下書きしていたので、だいぶ内容がカブってますがご容赦を)


BC級時代の私にとって「あのムカつく上級者を見返してやる!!」という反骨精神が、モチベーションアップの要因として大きかったわけですが、近年は「ムカつく上級者」という存在がいませんでした。反骨精神を刺激してくれるような人がいなかった。


(今回出てくる「上級者」は、絶対的な意味合いでの上級者ではなく「私よりも上手い人」という意味合いです)


「ムカつく上級者に出会えば、上達意欲に火がつくかも!?w」とか言ってたわけです。


そんな私、久しぶりに出会ってしまいました。ムカつく上級者に。


ところが、いまいち反骨精神が発動しない。「いまいち」じゃなくて「全く」と言ってもいいかもしれない。


なぜ「見返してやる!」という気持ちにならないのかと考え、幾つか理由は推測出来たのですが、大半は毒が過ぎるので割愛するとして(笑)


1つ、自分のことを貶めるだけなので書きやすい理由を挙げておきますと「相手が上手すぎて見返せる気がしないから」です。


私がかつて「あの上級者を見返してやる!!」と思っていた相手達は、熱心に練習をすれば手が届く範囲でした。また、当時は物凄く撞きこめていた時期だったので、見返せるレベルに到達できる自信もあったんだと思います。だからモチベーションアップにつながった。


しかし今回の場合、相手が上手すぎる。そして、私はかつてのように撞きこんでいないし、成長曲線もだいぶ緩やかな段階に来ている。見返せる気がしない。どうやら私の反骨精神の限界のようですw


こっそり調査をしてみたところ、私と全く同じような立場の人が少なくないもよう。「あの人はムカつくが、上手すぎて何も言えない」と。そんな彼らがどういう行動に出るかといえば「距離を置く」だそうな。私もそうするのがベストなのかな。逃げという選択肢なので格好悪いですけどね。。。

 

それにしても、その人が嫌で、その人のいる店に行かなくなったって人が今回調査しただけでも5人もいた。きっともっと多いんだろう。


迷惑なプレイヤーってのはいるもんですねぇ。