鈴木さんちの球日記

撞球愚痴日記。基本的に常連読者さん向けの前提ありきのネタを書いているので、ご新規さん、一見さん向けではありません。技術論は間違いだらけなので信用しませんよう。コロナ禍で撞きに行けていないためネタが枯渇し、球ブログのくせに球ネタがほとんどないです。お許しを。。。

鉄骨番長

2本立て

 

 

1本目

 

このネタは「同じようなことを考えている人がいたら共感してほしい」「考えたことが無かったって人には『こんな考え方もありますよ』と紹介したい」「詳しい方がいたら、意見が欲しい」ってな類のネタです。


とある日、「最近調子が安定してるな」「調子が悪いと感じる日が少ないな」「短時間高頻度撞きというサイクルが堂に入ってきたのかな」とかなんとか思いながら球を撞きに行ったら、フォームやストロークが全く意味が分からなくなって不調。「フラグ立ててる場合じゃなかった!!」と後悔しました。


そこから2日。計3時間ほどで不調から脱出しました。我ながら早くてビックリです。


大体いつもは、不調に陥った時はハウスや痺れる相撞きをして「集中するも、全く良い球が撞けなかった」という状況に放り込まれて散々に痛い目をみて、猛省しながら立て直していくんですけど、今回は1人練習だけで立て直せました。

 

1人練習での集中力が上がったってことかなと思って喜んでますが、あんまりポジティブなこと言ってるとまた不調に陥りそうなので控えますw


不調から立ち直りまして今回の不調の原因を考察していたのですが、「ストロークの回転方向が逆だった」と自分の中で結論付けられました。


ストロークの回転方向ってなんだよ」って思いません?ストロークの回転方向って聞いただけでピンと来る方、いらっしゃいます?


私も「ストロークの回転方向」なんて歴の中で数えられるくらいしか口にした(書いた)ことがないだろうし、日頃は全く意識なんてしていません。今回の反省を「あえて言葉にしたら」の表現です。


「出来る人が『あえて言葉にしたらこうなった』っていう表現って、出来ない人には全く伝わらない」っていう話をつい最近もしましたけど、自分自身の中であっても「出来ている時にあえて言葉にしてみた表現って、出来ていない時には全くイメージできない」ってことになりません??


たとえば、ビリヤードに関してメモを取った経験がある人って少なくないと思うんですけど、出来ている時に「忘れないようにメモしておこう!!」ってメモをすれども、不調の時にメモを見返しても、全く思い出せなくないですか?(笑)


いやほんと、全く何もメモをしないよりはマシっていう程度でしかない。「自分で書いたメモなのに、何を言ってんだかサッパリ分からない」ってこと、ありがちですよね。


自分自身にすら伝わらないことが、他人に伝わるわけがないですよねぇ。


話を戻しまして、今回不調から立ち直って「ストロークの回転方向が逆だった」なんて思ったんですけど、「あえて言葉にしたらそうなった」っていうだけで、回転方向だなんてことを日頃意識しているわけではございません。


でも、ブログネタとしては面白いかなと思ったのでネタにしてみます。

 

 

ストロークの回転方向に関しては過去にネタにしたことがあったかどうかよく覚えていませんが、「回転」というイメージ自体の話は過去に何度もした覚えがあります。自転車こぎを毎回例にしてるんじゃないでしょうかね。


私がそういう回転のイメージをするようになったキッカケは、恐らくフィリピン選手を見ていてだと思います。特にブスタマンテ大先生ですね。


参考動画としては、デルーナのブレイクが一番分かりやすいと思うので、デルーナブレイクをいっちょご覧くださいませ。

 

www.youtube.com


この素晴らしき、ぐるぐるワンダーランド。


構えに入る前が一番グルグルさせてますねw 構えに入り、プラクティスストロークを見ていただけると分かると思いますが、腕全体をグルグルと回転させるような動きをしていますよね。


こちらは、練習中のデルーナ

 

www.youtube.com

 


プレイを御覧くださいませ。ブレイクの時ほど大きくストロークをしないので目立ちませんが、「グルグル回している」という意識を持って見れば、グルグル回しているのが分かると思います。

 

私はさらに小さく、かつシゴキがデルーナに比べるとだいぶゆっくりなので目立たないと思いますが、イメージは同じです。グルグルです。


これがストローク「回転」のイメージについてです。

 

 

続きまして「回転方向」に関してですが

 

 

f:id:YIU24564:20190228225719j:plain

 

右利きプレイヤーがこういう向きに構えた場合は、時計回りの回転です。


大変に雑な作図で恐縮ですが

 

f:id:YIU24564:20190228225804p:plain

 

こういう回転ですよね。


さて。一方で俗に「振り子のイメージ」と言われるものがあります。ビリヤードのストロークの最も基本的なイメージであり、経験者は大抵「振り子イメージはダメだ」って言うと思います(笑)

 

振り子のイメージでストロークした場合を極端に表すと

 

f:id:YIU24564:20190228225946p:plain

 

こうじゃないですか。これが「回転方向が逆」と思った理由です。


主にテイクバック後のキュー出しの話ですけども

 

f:id:YIU24564:20190228230027p:plain

 

このように、上から回すか下から回すかというイメージの差がある。

 

私、基本はグルグルのイメージなんですけど、ストロークをちょっとイジってて何か新しいことを意識しながら撞いている時って、ついつい振り子イメージになってしまうことがあるんです。新しいことを試そうとしている時は、ついついストロークが小さくなっちゃう。そうすると振り子イメージになってしまうんでしょうね。そしてそういう時が、不調の入り口です。


振り子イメージになってしまった時のダメージがモロに表れるのがブレイクです。


「回転方向が逆」ってのを別の表現をしますと、テイクバックの頂点から先、キューを体に引き付けるように出すか、それとも離していくように出すかと言えると思います。


さっき載せたデルーナ動画の2つ目の方

 

 

www.youtube.com

 

 

このブレイクなんかは見た目でも凄く分かりやすいんじゃないでしょうか。キューを体に引き付けてきているのが。


40kmブレイカーのYコーチが昔ブログで書いておりましたが、「押す力より引く力の方が強い」とのこと。押し出すように撞くよりも引き付けるように撞いた方がブレイクも強くなる、と。


この件に関しては真逆のことを言っている人もいるので、何が正解なのかは私には判断しかねます。判断は皆様にお任せw


どちらが正しいのかは置いといて、とりあえず私は、テイクバックで一度体から離したキューを体に引き付けてくるイメージで撞いています。

 

そのことをたまに忘れて、逆回転イメージで撞いてしまって不調に陥ってしまうわけであります。

 


回転のイメージ、いかがでしょうか?


「自分はそうしてるよ!」「自分はそれについてこんな意見を持ってるよ!」「そんなイメージ、初めて聞いた!!」などなど色々あると思います。


どうぞお近くの球仲間との談義ネタとしてお使いくださいませ(笑)


イメージしたことが無かったっていう方は、一度考えながら練習してみるといいかもしれません。

 

 

2本目


とあるホテルのレストランに行ってワインを頼んだら、応対してくれたスタッフさんが物凄く丁寧にワインの説明をしてくださって。


胸元を見るも、ソムリエのバッジは無し。それにしてはやけに詳しい。


と思っていたんだけども、後からバッジを付けたソムリエさんが登場し、やはり何段階も知識は違ったっていうw


どうやらそのレストランは、スタッフ全員がかなり教育されているみたい。

 

 

私は酒は好きですが、知識があるわけではないし、業界に関係しているわけでもないので、ソムリエさんを全然知りません。面識のある知り合いのソムリエさんか、数人の超有名ソムリエさんしか知らない。

 

けど、大抵のソムリエさんは勤務中にはバッジをつけているので判別がつくわけであります。

 


さて。単に「ソムリエバッジ」って所から繋がっているだけの話なんですけど、「ビリヤードプロって、身分証あるの?」とふと疑問に思いました。

 

私が最もビリヤードに熱かった頃。プロ名鑑も熟読し、ランキング上位陣はもちろんのこと、日頃顔を合わせる可能性があるプロ選手(ようは、関東圏で活動している選手)はトッププロからレッスンプロまで満遍なく記憶していました。


いざ会った時に失礼が無いようにという気持ちもありましたし、単純に興味があったからでもあります。


それから時は流れ、今はだいぶ疎いです。詳しい方ではあると思うのですが、それでも知らないプロが増えた。


某店のオーナーも、職業柄プロ選手は出来る限り把握しておくようにしているそうなのだけれども、過去に2人だけ知らずに失礼をしてしまったってな話をしておりました。


そのお店もそうですし、他の店でもプロ選手の場代はタダにするなどのサービスを行っている店はありますよね。そういう店に行って、もしスタッフさんからプロだと認知されていなかった場合。「プロですよ」と証明できる、何か身分証みたいなものはあるのかな?と気になったのが今回のネタを書くキッカケです。


いま頭にパッと浮かんできた店は、プロ選手の場代をタダにしているのだけれど、プロに詳しいスタッフが少ない。初級者や球を撞かないスタッフが多いので、有名プロが来ても気づかない可能性が高いのです。


まぁ、さすがに有名プロが来たらその場にいる客の誰かがスタッフの手助けをするでしょうけど、その場の誰もが知らないようなプロが来たらどうするんだろうな?と。


そういや、とある女子プロは「プロだと気づかれなかった時は、おとなしく場代払います」って言ってたっけ(;^ω^)


ここまでを書いた時点では身分証があるのかどうか知らなかったのですが、ツイッターで尋ねてみました。あるそうです。


認定証の存在は存じておりました。プロが所属しているお店には大体掲げてあるんじゃないかと思いますが、表彰状サイズのプロ認定証。あれは知ってた。


他にもピンバッジやカードサイズの身分証があるそうです。


見たことないな。バッジはもしかして見たことはあるのかもしれないけど、意識して見たことは無いです。


ってことで、身分証があるってことは分かりましたけども、プロ達は普段持ち歩いているのかな?どういう時に使うんだろうか。


そしてまた、顔を存じ上げなかったプロから「プロですよ」と身分証を見せられたとしても、一般プレイヤーは身分証自体を見たことが無いから反応に困りますね(;'∀')